HIGHCALORY NEWS

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
gallery gadocco
 どうもこんにちは。
季節の移り変わりは早いもので、もう空気はすっかり秋ですね。
夕べは娘と中秋の名月を楽しみました。
白玉粉を買ってくるという重大任務をすっかり忘れた事を、
娘に怒られたりもしたけれど、私はげんきです。


さてさて、来る9月23日、豆千代モダンお取り扱い人気作家さんとしても知られる
play on wordsさんが、西荻窪にギャラリーをオープンされます!

gallery cadocco

西荻窪といえば、アンティークショップ。
その中でも古参のベビヰドヲルさんと共同運営で、
場所もベビヰドヲルさんのお隣です。
ベビヰドヲルさん、私が西荻窪に住んでいた頃からあったよなー、と思ったら、
私が親元を離れ上京して、西荻窪に住み始めたのと同時期にオープンしていた事が判明。
ちょっと感慨深かったです。
ちなみに、私は当時西荻窪の他の古着屋さんでバイトしておりました。




オープニングイベントも面白そうですね…!
西荻窪は、繁華街でもなく、のんびりした普段着感覚の生活感あふれる街。
でも、さりげなく高感度でユニークな感覚のお店がそこここにあふれる、
本当に面白くて居心地の良い街なのです。
そんな西荻窪文化の新しい発信地になりそうで、ワクワクしております。
| freetalk | 09:09 | - | trackbacks(0) |
伊藤丈浩さん

栃木県の益子町をご存知でしょうか?
陶器の益子焼で有名な街です。
初めて訪れたのは、2007年。
以来、“益子という街”の魅力にとりつかれて、時間を作っては訪れるようになりました。
惹かれる理由は、程よき里山の自然、歴史の上にちゃんと今を生きている文化があること、
そして地元の人達の、“よそ者”に対する懐の深さでしょうか。
一言では語りつくせない魅力と引力がある場所なのです。
そんな益子で出会ったのが、伊藤丈浩さんの器でした。
益子のG+OO(ジープラスツーノウツ)というお店で一目ぼれして以来、
訪れる度に少しずつ買い求めてきました。

2月に、新橋のメトロクスというギャラリーショップで伊藤さんのワークショップに参加しました。
伊藤さんの作風の基本であるスリップウエアの“流し描き”という過程を体験するものです。
穏やかでやさしい伊藤さんのお人柄のおかげで、
参加者皆さんと、とても楽しく素敵な時間を共有させて戴きました。

参加者が絵付けした物は、伊藤さんが成形して焼き上げ、
完成した物は送って下さるとの事。
ツイッター上で伊藤さんご本人から、
仕上がり順調、予定よりも早く発送できそうです、とのご報告もあり
完成品が届くのをドキドキしながら待っていたその矢先。

東北地方を中心にした大震災発生。
益子もかなりの被害を受け、多くの陶芸家さんの窯が崩れ、
膨大な数の作品が破損してしまったそうです。

そんなニュースに心痛めていた時、ワークショップで作った器が届いたのです。
以下、メトロクスさん経由で戴いた、伊藤さんからのメッセージを、
ご本人の許可を得ましたので、転載させて戴きます。

↓以下、伊藤丈浩さんからワークショップ参加者へのメッセージ

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 ワークショップに御参加下さった皆様。

大変お待たせしました。皆様の流し描きした小鉢が焼き上がりましたので発送させて頂きます。

今回の未曽有の震災。被害に遭われた皆様にはお見舞い申し上げます。

私の住む益子も東北ほどではありませんが、多くの被害に遭いました。
ほとんどの薪窯は崩壊し、今回の展示会で御一緒させて頂いた鈴木稔さんの薪窯も跡形なく崩れました・・。
益子の器の破損被害は作家・販売店も含め数億円にのぼるといわれており、この復旧もかなりの時間が要されると思います。
(状況はブログ・ツイッターにも記載しています。)

皆様のこの鉢は9日に窯出しし、震災前日の10日に発送。当日メトロクスに届きました。到着の報を受けて数時間後でした・・。

当初、次の展示会に向けて品物を製作しており小鉢の焼成は後回しにしようと進めていましたが、予定より早く目処が付き小鉢も早く焼けました。
窯に入りきらず釉薬を掛けた状態で棚に置いておいた他の物は、落ちて破損。小鉢もあと一窯遅れてたら完全にアウト。

本当に運が良かった・・皆さんと楽しんだ思い出は無事に守る事が出来ました。


皆様開封して見た途端にきっと一喜一憂されるでしょう。
思ったより良かったり、なんだかイマイチだなぁと感じたり。

でも焼き物は常にこういうもので、それが魅力にも繋がっていると思います。壊れてしまうことも含めて。
今回その一端を共有でき、きっと理解を一歩深めて頂けたと感じてます。

今回のワークショップは初めての試みでしたが、特に問題なく皆様のおかげで楽しく過ごせました。
機会があればまたやりたいなとも思っています。陶器は壊れてしまいますが、やはり作る楽しみは計り知れません。

そこで次回への参考にさせて頂きたいので、是非今回のワークショップを体験された事と内容、焼き上がりのご感想、また今までの印象や体験されたことでの考えの変化などを色々聞かせて下さい。

メトロクスへメールにて宜しくお願いします。

皆様の記念の、思わぬ形で思い出深くなった一点を大切に使って頂ければと願います。

 

ありがとうございました。

伊藤 丈浩 [ Takehiro Ito ]

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


私の宝物が増えました。





| freetalk | 12:57 | - | trackbacks(0) |
オンラインショッピングマニア
 現在発売中の雑誌nina's2011年1月号のオンラインショッピング特集で、
ちらりとハイカロ山田も登場しております。
(名前が山田貴子になっておりますが…山田智子でございます^^)
オススメのwebshopという事で、
la cuna de la flor (ラクナデラフロー) さんをご紹介させて頂きました。
実店舗のshop CABARETが自宅から近いのですが、これがまた恐ろしく好みのインテリア…
キッズ・レディース・雑貨…全てにおいてツボなセレクト。
ええ、むしろ、このお店の近くの物件を探して引っ越してきたようなもんです。
東横線の白楽駅から徒歩5分程のところにあります。


子連れでショッピングは楽しいけれど、実際には大変な事もたくさんです。
泣かれたりグズられたり、他のお客さんに迷惑かけないだろうか、とか
お店で走り回ったり、商品で遊びだしたり、お店の人に迷惑かけないだろうか、とか
赤ちゃんのうちは、インフルエンザシーズンは人ごみに連れていくのも気が引けるし…
色々考えだすと、結局めんどくさくなって、引きこもり状態になりがちです。
そんなお母さんのストレスを癒してくれるのは、
旦那様のねぎらいの言葉、我が子の寝顔…いや、ズバリ、
ネットショッピングでしょう。
ホント、「インターネットのある時代に出産してよかった」とつぶやきながら
娘を乳首にぶら下げてポチり続けた日々でしたよ…

というわけで、ラクナデラフローさん以外にも、たくさんのウェブショップのお世話になっております。
私が強くプッシュするウェブショップをいくつか、勝手にご紹介します!
全部挙げるとキリがないので、今回はベビー・キッズ中心に…
お子さまがいらっしゃる方はもちろん、
出産祝いに何あげたらよいのかしら…と、お悩みの方のご参考になれば幸甚でございます〜


BURGER SHOP
動きやすくて発色の美しい、ハイセンスな北欧の子供服を中心にセレクト。
plastisokとか、良く娘に着せてましたが、
肌触り・デザイン・配色・機能性どれをとっても本当に良くできています。
かなりヘビーユースしてガンガン洗濯機で洗っても、型崩れやヨレは一切なし。
お値段も、このクオリティにしてはお買い得。GAPとかと同じような価格帯です。
あと、キッズのヘルメットのBernも激しくオススメします。
自転車ファミリーの我が家は子供メットについてかなりリサーチしましたが
クオリティ・デザイン・色合いで、Bernがダントツに良かったです

Boutique enfant terrible
福岡の、カリスマ的人気を誇るセレクトショップcache-cacheさんのオンラインショップ。
フランスのブランド、BOdeBOを日本に広めた立役者です。
BOdeBO、すごいです。コムデギャルソンが登場した時くらいのインパクトです。
今季から大人サイズの展開も始まったようです。
それ以外にも、独自のセレクトで、日本ではここしか取扱のない海外ブランドも色々。
福岡出身者としては、地元に日本のキッズファッションの牽引的存在のお店があるのは誇らしいですね。

Baby Baby
ベビー服やスリング、授乳服など、2歳以下の赤ちゃんとママが対象の物が多く
「ぎゃ!オシャレ!」と思わず反応してしまうインポート物のセレクトなので
我が子の勝負服はもちろん、出産祝いにもオススメです。

Lili et Nene
ミナやボンポアン、レペット…。
リバティプリントやナチュラル系のファッションが好きな方には絶大な人気を誇るウェブショップ。
私も、娘が赤ちゃんの時は「ボンポアンかわゆす!」とかいってましたが
なんかね…だんだん大きくなってくると、(平成生まれなのに)昭和な顔立ちの娘には
ナチュラル系は似合わない…って事がわかってきてね…
でも、こういうテイストを好まれるママは多いので、
やはり出産祝いをここでセレクトする事も多いです。

こどまーく
北欧のラグジュアリーブランドにこだわったセレクト。
ほんとに、子供服なのに、なんちゅー美しさだよ…とボケーっと眺める事もしばしば。
大きな声ではいえませんが、ここは不定期にプレスルームで開催されるサンプルセールが
ものすごい人気で、入場制限がかかるほどです。
もう、値引率がハンパなかったりするので…


あとはやっぱりむちゃちゃははずせないですよね…

| freetalk | 15:51 | - | trackbacks(0) |
ものすごく今さら感
 以前、娘の七五三ネタで予告していた、スタジオ撮影して参りました。

私も、予告通り着物で。着物着るの超久々。
着付けのアラが目立ちやすい色無地だし、末代まで(?)残る可能性のある写真。
悔いのないように着付けバッチリにしたかったので、娘が寝ている間に着てしまおう…
と、気合いれて早起きしたのに、そんな日に限って娘も早起きですよ。
アイツらちびっこは、絶対そういうの察する生き物ですよ。
で、「ナニコレナニコレー」と奇声を発しながら、
折角取りやすいようにセットしていた腰紐類をほどくわ帯締めから帯留を抜くわ、
袖やらいろんなところ引っ張るわ、わかりやすい狼藉の数々…。

あ、いやこれはきっと、私の着付けの腕があからさまに落ちている事への言い訳のために
娘が心を鬼にして、わざと邪魔してくれたのですよ!


「いやー、着付け中に娘に邪魔されてさー、おはしょりとかシワシワなのよねー」

ええ、私、常に家の中が散らかしっぱなしなのも、もっぱら娘のせいにしております!

さておき、どうにもこうにも仲居さんライクに見えがちな色無地ですが、
豆千代モダンの葡萄刺繍半衿のおかげでとてもいい感じになりました。
葡萄刺繍半衿のおかげでとてもいい感じになりました。
なんか非常に宣伝っぽいけれど、本当に良かったので、声を大にして二度言いました。
あと、a.k.aさんの和菓子のような押絵の菊帯留も、実際つけてみると
全体のコーディネイトを、品良くモダンで個性的にしてくれた…すごいわ!なんというパワー!

娘の髪飾り(rokuyaon)も小鳥バッグ(NTSUKO)もぽっくり(a.k.a)も、
カメラマンさん大絶賛…フフフ、全て作家さんの作品よ…さすが、お目が高いわ。


こんなカットも撮ってくれました。


ご覧になって下さっている皆様の、
「よそんちの七五三写真見せられてもね…(苦笑)」
という心の声は、しっかり届いています!

ハハハハハハハハハハハ…(腹式呼吸で笑いながら去ってゆく)

追記しました!(4/21夕方)↓
続きを読む >>
| freetalk | 09:34 | - | trackbacks(0) |
お久しぶりの更新です…
 ついついここの更新をサボってしまって、とうとうトップにスポンサーサイトが出てしまいました
(2ヶ月放置すると、トップ記事が自動的にスポンサーサイトになってしまうのです)

毎年、1月中旬を過ぎたあたりから花粉症と偏頭痛が併発し、
体調的にぱっとしない期間に突入です。
特にやっかいなのが偏頭痛で、普段は薬でなんとかしのげるのですが、
花粉がらみになると、妙にしつこく、薬の効きも悪くなるし、ダラダラ鈍痛続きで、
さらに、今年はムスメの保育園がらみで確定申告を前倒しで終わらせなければならず
花粉症に頭痛に数字という、まさに弱り目に祟り目な日々にやさぐれておりました。
普段があまりに頑丈なので、ちょっとでも体調が悪いと、
「私、もうすぐ死ぬ…」くらいテンション落ちます。子供か?!

さすがにもう、オフィシャルでそんな言い訳も通用しない大人なので、
ちょこちょことハイカロ作品も作っております。
もうちょっとしたら豆千代モダンにお出しできると思います。

しかし、政治家は
「日本中の杉の木を、ブナ科等の広葉樹に植え替える」
と、マニュフェストに書けば、選挙で強いと思うんだけどなあ〜


| freetalk | 09:10 | - | trackbacks(0) |
七五三
 また娘話で、親バカ全開感満載で恐縮なのですが、
七五三の祝い着については、着物好きのおかあさん達はご興味のある話題かと思いますので、
記事にしてみたいと思います。

先月、三歳の娘の七五三詣を済ませました。
三歳女児の場合、衣装は、ほぼ皆さん着物にされるようです。
私ももちろん着物着せる気満々。できれば、購入したい。
でも、中々これといった祝い着にめぐり合えません。
というのも、娘の名前にちなんで“宝尽くし”か“七宝”柄に拘っていたからで…。
1度、素晴らしい宝尽くし柄の祝い着を見ましたが、お、お値段がごじゅうまんえん…無理!
しかし、まあ根気よく探していくうちに、アンティークで七宝柄の入った
状態の良い祝い着が長襦袢セットででてきました。
即購入し、洗いに出して、肩揚げ・腰揚げは自分でやりました。
そして、三歳だと、帯つきは苦しがって嫌がるだの着崩れやすいだの聞いたので
被布を作ろうと、宝尽くし柄の古布も準備しました。
ところが、よく見ると、大きなシミが…!洗い張りしても、おちません。
それをよけて裁断すると、用尺が足りない!
どうしよう…別珍の布でも買ってきて、それで作るか?と、悩んでいると、
豆千代さんが「ponia-ponのらふさんのご本に、被布風エプロンが載ってて、すっごく可愛かったわよ」
と教えて下さいました。
早速購入。


アンティーク着物スタイルブック

69ページ。これです↓

かわいい〜!
ご親切な事に、作り方と、パターンの引き方も載っていました。
おお、これなら用尺もなんとかなりそうだ!なにより、拘りの宝尽くし柄の古布で作れる!
というわけで、完成したのが、このスタイル。


被布風エプロン、錦紗の古布がだいぶ弱っていたので
裁断やら縫製やら、えっらい手こずりました…。
補強と、透け防止のために白のシルクを裏地につけて、袷に仕立てました。
着物は、紅梅色に、花薬玉柄。
そうそう、豆千代さんのブログに垂涎物の振袖コーディネートが続々掲載されてますが、
その中にちょっと似た感じのピンクの花薬玉のお振袖が!なんか勝手に嬉しくなった…。
しかし、花薬玉柄もあれほど拘った七宝柄も、
腰あげして被布エプロンを合わせると、全く見えなくなりました!
…ま、そんなもんです。


a.k.aさんのぽっくり


NATSUKOさんの小鳥バッグとrokuyaonさんのコサージュ
小物まわりは、しっかり豆千代モダンの作家さんのお世話に(笑)
当日、バッグには、お菓子を詰め込んでおきました。もちろんグズり対策です。

仮縫いなどで、事前に何度か娘に試着させたのですが、
本人もこの着物をとっても気に入ってくれ、何日も前から
「ぴんくのおきものきて、たからづくしのぽっくりはいて、ことりさんのばっぐもって、
しろいおはなをつけて、七五三やるの〜」
と、楽しみにしてました。
3歳の場合、着物を着ることを楽しみにしてくれるというのは
当日の着付けをスムーズに進行するためにかなり大事な要素のようです。
あと、草履で歩かせるのは、必要最低限にしておく事も大事。
移動はできるだけ車で、車から神社の境内までは履きなれたスニーカーで、というのは
七五三の基礎知識だそうです。
ウチも、そのセオリーにのっとって、徒歩15分で行ける地元の氏神様にタクシーで乗りつけました。
それでも、やはり、着物で行動させるのは、2時間くらいが限界でした。

 
神社では、ご神鏡を覗き込んで(神様にお顔を見てもらうという意味)
巫女さんのナビで二拝二拍手一拝したり
太鼓を3つ(歳の数)敲いて奉納したりと、かなり本人参加型のご祈祷でした。



着付け・ヘアメイク(メイクはしてないけど)は私が自宅でやりました。
着付けといっても、被布を着せる場合、帯結びをしなくても良いので、超簡単。あっという間に終了。
私に似てなで肩なので、エプロンの肩がすぐに落ちてくる…

あ、後ろあきの一番上にもリボンつけとけばよかったのか。<肩おち防止

髪をアップにするのも、嫌がられるかと思いきや、
鏡の中の自分をくいいるように見ながら、おとなしくされるがままにされてました。
女の子は3歳でも、カワイイとやせがまんは表裏一体であることを知っているようです。
あと、普段はNGのジュースやらチョコ菓子やら飴やらガンガン与えてご機嫌取り続けたのも奏功したようで。


子供の髪飾りは、でっかいのが可愛いですね。

この日は、娘の身支度からカメラマン・そしてお参り後の会食の仕切りまで
全て私だったので、割り切って私は洋服にしましたが、
思いのほかスムーズに娘の身支度終了。これなら私も着物きれたなあ。ま、結果論ですが。
また改めてスタジオで家族写真を撮る予定なので、
その時は、私も母からのお下がりの一ツ紋色無地を着て、母娘でビシっと決めてきます!
パパはそのへんにあるもの着といてくれ。


余談ですが、私の七五三の時の祝い着は、長らく行方不明になっていたのですが、
私が社会人になり、実家をでてからしばらくして、実家の引越しの時に発掘されました。長襦袢だけ。
私の元に送ってもらったのですが、四つ身の長襦袢だけ持っていてもしかたないので、
当時一番気に入っていた振袖を、中振袖に仕立て直しに出した時に、
そのうそつき袖として一緒に仕立て直してもらったのです。よく、パーティーに着ていきました。

今でも大好きな着物です。
娘の成人式用にしばらく寝かせるとしましょう。…着てくれるかしら。

しかし、襦袢だけ残るって…。着物はどこへいってしまったんだろうか。
そして、物の整理・管理能力皆無の私が、
この中振袖もあと17年、ちゃんと管理できるのか。激しく謎です。
| freetalk | 12:50 | - | trackbacks(0) |
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
PR
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
お問い合わせ
ハイカロリイオトメに関するお問い合わせは highcalory@bt.girly.jp までお願い致します。
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE